HOME>トピックス>透明度が高く軽くて丈夫なので、ものづくりやDIYだけでなくそのまま棚板としても活用できます

目次

透明性が高いので、中がはっきり見える

アクリル板

新型コロナウイルスの影響で注目を集めているアクリル板ですが、実は、プラスチックの中でも透明度が高く、加工がしやすいことからプラスチックの女王と呼ばれています。最近では足をつけて衝立にしたり、天井からつるしたりと飲食店やお店のレジなどのパーテンションとして感染症対策に活用されているのを目にする機会が増えました。とにかく透明性が高くて、軽くて丈夫という特性があるので、アクリル板を使用する目的のひとつにガラスよりも透明性が高いので中に入れたものがはっきり見えるということがあります。そのため商品ケース、収納ケース、フォトフレームなどさまざまな場所で使用されています。

アルミラックの棚にひくだけで悩みを解決

実は幅広い分野で使われているアクリル板ですが、100均やホームセンターなどで簡単に手に入れることができます。アクリル板は、加工がとても簡単ですが、気軽にそのまま使える方法があります。それは、スチールラックなどの棚板として使う方法です。キッチンなどのアルミラックを置いたときに、乗せたトースターなどの足がアルミラックからはみ出した気になったという悩みはありませんか。また、棚のワイヤー部分から細かいものが落ちてしまったという経験が多い方もいるはずです。アクリル板をアルミラックの棚にひくだけですが、透明性が高いので引いていることが目立たず、しかも今までの悩みをすっきり解決することができるのでおすすめの活用方法です。

広告募集中