アクリル板を使用する際の注意点

アクリル板は硬度が低く、熱に弱いため高速切削加工には向いていません。溶液や薬品でヒビが入りやすいため注意が必要です。

評判の良いアクリル板の口コミ

無色透明でデザインや用途に影響を受けない

無色透明なアクリル板を使えば、飽きずに使い続けることができ、さまざまな場所で使うことができます。

カラフルなカラーがあるアクリル板

無色透明が特徴的なアクリル板ですが、着色されているものがありカラーの種類が豊富にあります。

酸やアルカリに比較的強い

酸やアルカリに強いため、自宅だけでなくお店など場所を選ばずに使うことができます。

軽いため持ち運びに便利

軽いため、運びやすく、場所の移動だけでなく長距離移動でも持ち運ぶことができます。

ヒビがはいることがあるが、丈夫

丈夫なため、落としても頑丈ですが、場合によっては傷は入ってしまいます。ただし、簡単には割れるということはありません。

感染症対策としても注目

アクリル板

人々を脅かしている感染症対策として、現在アクリル板が大変注目されています。会話をする際の飛沫を防ぐ目的として使用している飲食店なども多くあり、今後ますます需要が伸びるのではないでしょうか。そんなアクリル板ですが、導入をする際、どのような基準で選べば良いのか分からないという人もいるでしょう。選ぶ際は使用する場所に用途に合う大きさのものを選ぶことが大切です。例えば飲食スペースに置く場合は机の上に置けるくらいのコンパクトなものでも大丈夫です。ただしあまり低いものでは効果が薄れてしまうので顔の高さ程度まであるものを選びましょう。また使用する場所によっても手軽に持ち運べる大きさのもの、据え置きタイプのものなどあるので用途に合わせてしっかり選ぶことをおすすめします。

導入時に掛かる費用について

アクリル板

アクリル板を導入するにあたり費用が掛かりますが、どの程度掛かるのか分からないという人もいるのではないでしょうか。例えば机に置くコンパクトなタイプのものであれば数千円から購入することが可能です。この場合、そこまで耐久性がなくても飛沫をしっかり防ぐことが出来れば良いというのであればある程度価格を抑えることが出来るでしょう。耐久性に優れ厚みがしっかりあるものが良いという場合であれば同じコンパクトなタイプでも数万円の費用が掛かります。

今後ますます需要が高まる

アクリル板

費用は使用するアクリル板の大きさや厚みなどにより変わってくるので、事前に見積などとってみることをおすすめします。また、サイズも好みに合わせて作ってくれるお店もあるのでそういったお店を利用するのも良いのではないでしょうか。感染症対策として便利なアクリル板は、今後ますます導入するお店が多くなるでしょう。それと同時に、用途に合わせた商品も増えているので、使用する場所に最適な大きさや材質のものを探すことをおすすめします。

広告募集中